ドライブを楽しみたい人へのロールス・ロイス?│2シーター ロードスター登場か

Rolls royce

ロールス・ロイスが、ドーンをベースとした2シーターロードスターのスケッチを公開した。多くは発表されていないものの、「シルバーバレット」と名付けられ50台限定で生産されるとのことだ。

「シルバー」が付くモデルは、これまでのロールス・ロイスでシルバーシャドーや、シルバークラウド、シルバーレイスなどが挙げられるように、頻繁に登場しているものだ。今回のシルバーバレットは、1920年代のロードスターへのオマージュも込められているとのこと。シルバーバレットが2シーターということは、"誰かに運転してもらうロールス・ロイス"ではなく、"ドライバーズカーとしてのロールス・ロイス"となることも意味しているといえるだろう。パワーについては、ベースのドーンと同様の直噴6.6リットルV型12気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載すると考えられる。



エクステリアのシルバーメタリックカラーは、ロールス・ロイスが得意とするビスポークで製作されたもの。インテリアについては、トランスミッショントンネルにレザージャケットをイメージしたキルティング加工が施される。また、"SILVER BULLET"が刻まれたシルバーのプレートもポイントになるようだ。

ロールス・ロイスを自分で運転してドライブを楽しみたいという人にとっては最適な一台だ。販売時期、価格は未定。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事