史上最悪の販売車!?見るも無残なアルファ・ロメオ スパイダー

Barbfinds

ここにある、無残な姿に朽ち果てたアルファ・ロメオ・ジュリア・スパイダーは1台の"車"として販売されている。テキサス州のダラスより出品されており、9500ドル(約104万5000円)の値段が付けられている。



出品者が自ら、"おそらくこれは世界で最も残念な姿のジュリア・スパイダーだ。何年も外で放置されていて、動かしたときに半分が破損してしまった。パーツはほとんどあるはずだし、貴重な美しい1台ではあるけれどレストアするのに本当に相応しいかは分からない"と言っている。お金をかけた挑戦をすることが好きな人か、この1台が持っているコンポーネントを必要としている人には向いているであろう。このジュリアは1963年にファクトリーから出荷されたもので、エンジンは1.6リッター ツインキャブ エンジンを搭載、ボンネットにはエア・スクープが設けられており、スパイダー・ヴェローチェの前モデルとなる。





もとのジュリアが持つエレガントなスタイリングはピニンファリーナによるもの。歴史に残る素晴らしい車であるが、こんなにボロボロになってしまったジュリアを引き取る人物は現れるのであろうか。

オクタン日本版編集部

無料メールマガジン登録   人気の記事や編集部おすすめ記事を配信         
登録することで、会員規約に同意したものとみなされます。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事

Current ISSUE