マイクロカーとリーンマシーン|Jack Yamaguchi’s AUTO SPEAK Vol.4

トヨタi-ROAD



10 ビル・ミリケン
2001年東京ショー発表のメルセデス"F400"に触発されたアメリカの技術者ビル・ミリケンが60年代に製作したキャンバーカーMX-1で、彼は2002、2007年グッドウッド・ヒルクライムに挑戦した。2011年、彼が設計したMX-2ランニングシャシーに試乗した時は100歳であった。モーターサイクルタイアだが、ヒルクライムでは最大横加速1.0Gと、とてつもない横Gを出す。




11 GM EN-V
GMが上海EXPOでデモンストレーションしたEN-Vは、セグウエイとの共同開発。デトロイトで同乗した。2輪でバランスをとり敏捷に走り回った。




12 ジャイロ安定式1輪車
究極の効率マシーン・コンセプトがヒュンダイ・アメリカ・デザインセンターのジャイロ安定式1輪スーパーマシーンだ。提案者は、トヨタでスープラ、クライスラーで2代目ダッジ・バイパーのエクステリアをデザインした鹿戸治マネジャーである。





Kyoichi Jack Yamaguchi
山口京一、海外執筆名:Jack Yamaguchi
メルセデス・ベンツ300SLを駆るのは、2014年5月に急逝したわが友、同業ライターにして有数の自動車・航空機ヒストリアンの川上完さん(上の写真)だ。ティアドロップ型のレイバーンから覗く目の輝き、スタート直後の緊張と期待に結んだ口もと、これほど素直に歓びの表情を浮かべる人を他に知らない。彼の複数所有車はすべて2ドアだ。ブリストル406を除くと、すべて小型車だ。そしてミニチュア・モデルカーをこよなく愛した。このページを完さんに捧げる。

Kyoichi Jack Yamaguchi

無料メールマガジン登録   人気の記事や編集部おすすめ記事を配信         
登録することで、会員規約に同意したものとみなされます。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事

Current ISSUE