運転免許を持たなかったフレディ・マーキュリーが所有した車とは

1973年にデビューしたイギリスのロックバンドであるクイーンはその類いまれなるパフォーマンスと音楽性で世界中を圧巻した。フロント・マンのフレディ・マーキュリーは圧倒的な歌唱力で今もなお、クイーンの顔として新たなファンを集めて続けている。

そして、2013年のオークションに、彼が所有していた1974年 ロールスロイス・シルバーシャドウが出展され、7万4000ポンド(約1036万円)で落札されたことは大きな話題となった。というのも、推定落札価格であった9000ポンド~1万1000ポンドをはるかに越えるものであったのだ。落札したのはロシア人とのことだが、生粋のフレディ・マーキュリーファンであったのであろう。フレディは車内にティッシュを常備しており、この車を彼の死後に引き継いだ家族は、そのティッシュも車の一部だと考え、捨てずに車と共に出展した。

フレディは運転免許を所有していなかったため、専属ドライバーをつけていた。このロールスロイスの前には、ダイムラー リムジーネを所有していたとのこと。かわいらしいスチュードベイカーのチャンピオンに乗っていたこともあるそうだ。


スチュードベイカー チャンピオン(フレディが所有していたものはライトブルーのクーペタイプ)

ロールスロイス・シルバーシャドウを所有していた著名人には、アンディ・ウォーホルやモハメド・アリなどがいる。ロールスロイスを象徴する広々とした車内には、電話やテレビを付けていた人も多かった。

現在もフレディが所有していたロールスロイスは、落札した人物のもとで大切に乗られているだろう。また、オークションに出展されることがあるかは分からないが、その際に改めてどれほどの価値がつけられるのか注目したい。




RECOMMENDEDおすすめの記事